フリースクールの必要性

フリースクールってどんな時のための学校なの?!

フリースクールには様々な理由により学校に通うことが出来なくなってしまった子供のための学校です。いじめ、勉強についていけない、先生と上手くいかないなどの理由により、1度学校から離れてしまうと、再度通うということはとても難しく、子供にとっても負担となるでしょう。しかし、そういった場合でも勉強する資格はありますし、勉強する必要もあります。無理やり同じ状況下に通わせるのではなく、フリースクールという別の環境を提供してあげることで、勉強を再開することが出来るのです。小学校、中学校、高校とあるので、どの年代の子供でもフリースクールに通うことが可能です。小学校中学校は元々の学校と連携しているところもあり、フリースクールに通っていれば元々の学校での出席日数として扱われ、卒業することができます。

社会との繋がりを閉ざさない!

学校でのいじめや人とうまく関われないことが原因で引きこもりになってしまう子も少なくありません。しかし、その状態が続いてしまえば、他人と接する機会無くなり、どんどん自分の殻に閉じこもってしまいます。更に社会の中で自分だけが取り残されているという気持ちになり、より自分から社会に出ることが難しくなってしまうでしょう。そこでフリースクールへ通うということが、社会へ踏み出す第一歩となるのです。自宅での家族の関わり以外に、フリースクールへ通い他人と関わるということはとても大切で必要なことだと言えます。フリースクールの場合、みんなと同じことを必ずというよりも、子供の主体性を重視している場所がほとんどなので、負担を感じず子供たちも徐々に馴染めるでしょう。