こどもの居場所としてのフリースクール

誰でも通える!フリースクール

子供が不登校になる原因はいじめの他にも先生が嫌い、集団生活が苦手、など個人によって様々です。勉強についていけない、という理由で不登校になる子供もいます。
そんな子供達のために存在するのがフリースクールで、中学卒業見込み者や通信高校に在籍している者、などの資格が必要なサポート校と違い、入学資格は無く、誰にでも門戸が開かれた施設と言えます。
また、不登校の子供だけではなく、発達障害や知的障害などの事情を持つ子供達に対しても受け入れを行っており、学習面のサポートよりも精神的なサポートに力を入れている施設が多くあります。
何よりも「子供のため」という理念を持ち、一人一人に対して適切な指導や関りを持ち、子供が安心して通える環境を提供しています。

子供が望むフリースクールを選ぶ

精神面でのサポートを重視していると言っても、フリースクールでは学習指導も行ってくれるシステムがあり、進学に対しての進路指導も行っています。
ですので、教育理念や教育方針などそれぞれの施設による違いを考慮して、学習面に力を入れたい、他の人とのつながりが欲しい、など、子供が希望する施設を選ぶことが大切です。家からも出られない子供に対しても、自宅を訪問するタイプの施設もあります。
不登校になり、家に引きこもりがちになると社会とのつながりが薄れていき、不安感が増してしまいます。ですが、フリースクールが子供にとっての居場所になれば、社会と再び結びつくことができ、不安も和らぎます。そして、そこからまた一歩、前へ踏み出すこともできるのです。

フリースクールを大阪で探している方におすすめしたいのは、オープンキャンパスに参加したり、資料を取り寄せたりする方法です。フリースクールのイメージを具体的につかむことができます。